採用サイト

育生会の地域における役割と機能

育生会の地域における役割と機能育生会の地域における役割と機能

人口約147万人を抱える京都市の中で、東山区の人口は約4万人。そのうち高齢者人口(65歳以上)は1万2千人で、東山区全人口に占める比率は32.8%と3人に1人が高齢者の状態で、京都市平均26.7%を大きく上回る地域となり、比率は年々増加しています。高齢化がすすむ地域の状況を踏まえ、当院では地域完結の医療と介護をシームレスに提供できるよう努めています。

育生会の地域における役割と機能

地域の中核病院として一・二次救急医療を担います

地域で発生する外傷・急病者の対応、診療所・クリニックと連携して手術や入院治療を必要とする患者の受け入れに対応いたします。

近隣の三次救急病院からの急性期後・亜急性期の患者様の受入れ

回復期リハビリテーション病棟の充実

急性期での治療後に早期のリハビリテーションを行い、早期の社会復帰や高齢者の日常生活向上や寝たきりを防止し在宅復帰をめざします。

長期の医療や介護を必要とする患者様への対応

医療度が高く長期の療養を必要とする高齢者に対応する医療療養病棟と介護度が高く長期の療養を必要とする高齢者に対応する京都久野病院 介護医療院を設け地域のニーズに応えています。

退院調整と在宅支援機能の充実

退院を調整する部門として地域連携室を設けています。また在宅医療・介護を支える資源として、訪問看護ステーションや訪問リハビリ、小規模多機能型居宅介護事業所、認知症対応型通所介護(ふかくさ)がありますので、当院の医療介護相談窓口または地域連携室にご相談ください。

高齢者が認知症や要介護状態になっても住み慣れた
地域で安心して暮らせる支援

認知症の診断を受けている方が共同生活を送ることのできるグループホーム(ふかくさ)を運営しています。平成30年3月より関連法人で高齢者福祉施設「レット・イット・ビー」(地域密着型特別養護老人ホーム29床、ショートステイ10名、グループホーム27床、小規模多機能型居宅介護事業所25名)がオープン。また令和2年10月には、訪問介護事業所「笑門」、機能訓練型デイサービス「ロコモーション」がオープン致しました。